色無地コーディネイトはこう着こなす

「色無地」とは柄が入っておらず、単色で染められた着物のことを指します。その特徴としては、地織りは入っているものの、柄が入っていないためどんな時でも気軽に着ることができること。そのためお茶会・ちょっとしたお出かけ・入学式など、様々な場面で着ることができます。また、足袋・帯・小物との合わせ方によって大きく雰囲気が変わり、柄合わせを気にする心配もないため着物初心者でも安心して着ることができます。さらに1つでも紋が入っていれば格が上がり、結婚式などの場でも着ていくことができます。このように、柄が入っていないからこそ場面に応じた着こなしができる「色無地」ですが、具体的にどのような着こなしの方法があるのでしょうか。ここでは雰囲気を変える要素と具体的な着こなしの方法について紹介していきます。

雰囲気を変えるものにはどのようなものがあるのか

では色無地を着こなす際、雰囲気を変える要素としてはどのようなものがあるのでしょうか。1つ目は帯です。帯にも柄物・無地のものなどがあります。例えば柄物を合わせれば、一気に雰囲気が華やかになりますし、無地のものを合わせれば落ち着いた雰囲気を生み出すことができます。また、帯の素材や長さによって格も変わるので場面に合った帯を選びます。2つ目は半襟です。半襟とは着物の下着である襦袢(じゅばん)に縫い付ける替え襟のことで、こちらも無地のものと柄物があります。こちらも柄物かどうか、色によって大きく雰囲気を変える要素となります。3つ目は帯揚げ・帯締めです。帯揚げは帯の下にあるもの、帯締めは帯の上にあるひものようなもののことで、これらの色によって着物の雰囲気はがらりとかわります。これらの他に、足袋・小物なども雰囲気を変える要素となります。

具体的にはどのような着こなしがあるのか

では、具体的に色無地をどのように着こなせばいいのでしょうか。まずは帯に柄物を使った場合です。この場合、半襟はシンプルなものにします。また、帯揚げは着物と同色系のもの、もしくは帯の柄に含まれている色を使うようにします。こうすることである程度の統一感が生まれ、柄物をつかっていてもあまりうるさくなりません。次に帯に無地のものを使用する場合です。この場合、華やかさを演出したい場合は半襟を柄物にします。このとき、帯締めを半襟の柄と同じ色に合わせると、統一感が生まれます。また半襟も無地のものを選ぶ場合は、帯揚げ・帯締めの色にこだわりましょう。特に青や紺といった寒色系の着物を着る場合は、同色系で濃い色を合わせると大人な雰囲気を生み出します。色無地を着る場合、どこかに柄を入れたらどこかの色は合わせるなど、ある程度統一性を持たせることでまとまった着こなしをすることができます。