色無地を着こなすコーディネイト紹介

色無地の着物はさまざまなシーンで活躍できます。1枚あるとフォーマルからカジュアルまで幅広く活用する事ができる重宝な着物です。帯の合わせ方でいろいろに着こなす事ができるので着物初心者にも扱いやすい着物です。袴を合わせて卒業式にお宮参りやお茶席、外出着などに着ることができます。地味な地色であれば黒の帯を合わせて弔事に着用することもできます。色無地の着物に紋を入れておくと格があがるので結婚式などのおめでたい席に着用する事ができます。一つ紋、三つ紋、五つ紋などがあり紋の数が多いほど着物の格があがります。色無地をカジュアルに着る時にはおしゃれな足袋で足元を華やかにしたり華やかな帯を合わせたりするとよいでしょう。帯揚げ、帯締めなどの色合わせも大切なポイントです。

帯でさまざまに変化する色無地着物

無地の着物に帯3本と昔からよく言われています。この考え方で素敵なコーディネートを楽しむ事ができます。帯次第で変化する事ができ着回しができる着物です。春の卒業式、入学式、結婚式などフォーマルシーンで活躍ができる着物です。結婚式に出席する時には紋入りの無地に織物の袋帯が華やかな装いです。帯あげ、帯締めなどの小物類もすっきりとした色目の物を選ぶとよりフォーマルな装いを楽しむ事ができます。卒業式、入学式などに出席する時には落ち着いた雰囲気の袋帯を合わせるとよいでしょう。お食事会や観劇などの外出着として着用する時には染めの名古屋帯を合わせるとカジュアルなコーディネートになります。染め柄に金糸が織り込まれている帯はフォーマル、カジュアルどちらにも使えるので便利です。

色無地はコーディネートが楽しめる着物

色無地はいろいろな色があります。無地1色なので小物次第でさまざまな雰囲気が楽しめる着物です。帯揚げ、帯締めの他に衿もとでも楽しむ事ができる着物です。刺繍の半衿は着物と半衿両方を引き立てることができるので素敵です。着物と帯を同系色でまとめるとすっきりした印象になります。帯の中の1色を重ね襟や小物類に使うとすっきりとまとまりやすいでしょう。反対に重ね衿や帯揚げなどに反対色の色を合わせると若々しいコーディネートになります。同じ色の無地の着物でも合わせる小物によりさまざまな雰囲気を味わう事ができます。ブルーやグリーンなどの寒色系の無地着物に帯揚げ、半衿を濃い色で合わせると粋な感じになります。淡い寒色系の着物に同系色の小物を合わせると柔らかな印象になり上品なコーディネートになります。