色無地を使ったコーディネートの紹介

色無地着物は、さまざまな場所で着ることができる大変応用範囲の広い着物で、一枚は持っていると便利だといわれます。小物の合わせ方次第で、いかようにも着ることができますので、他の着物よりもコーディネートに悩みますが、そこがまた腕の見せどころでもあります。合わせる帯は、カジュアルな半幅帯~正装で用いるような袋帯まで可能です。帯によって、帯あげ、帯締めも変わってきますが、着物に柄がないぶんこうした小物で遊ぶこともできます。衿元は、基本の白から、着ていく場所によっては色えりや刺繍、柄の入ったものでもあわせることができます。顔に近いところにある衿は、あらたまった場所では清潔感のある白で、気軽なあつまりでしたらこの一番目立つ衿元に色や柄を持ってきて個性を出すこともできます。足袋も同様に白が基本ではありますが、特に若い方ですと足袋を柄物にして遊び心を出すこともできるでしょう。

少しあらたまった席での色無地コーディネート

色無地は、お宮参りや七五三などで、子どもの付き添いとして母親が着ることが多いです。背中にひとつ紋を付けておくと、訪問着や付け下げよりとほぼ同格とされ、祝賀会やお茶会など少しあらたまった場所に着ていくこともできます。コーディネートは、お祝い事の行事に参加する母親ですと、金糸銀糸の使われた華やかな袋帯に、同系色の帯あげ、帯締めをあわせて、ひかえ目ながらも地味になり過ぎない着物姿がいいでしょう。祝賀会などでも同様に、お祝いの席ですので小物できちんと感を出した方が良さそうです。お茶やお花のお稽古には、あくまで華美になりすぎず、まわりとの一体感のある装いが好まれるでしょう。気軽な集まりでしたら、全体は落ち着いた色合わせでコーディネートしながらも、帯あげにだけ色や柄をもってくることもできます。祇園の芸姑さんの着物によくみる合わせ方で、上級テクニックといえるかもしれません。

色無地をポップに楽しむコーディネート

次に、街着としての色無地のコーディネートを考えてみたいと思います。街着はようするに普段着のことで、カジュアルな装いですので、自分の好きなように自由に色合わせや小物合わせができます。例えば、帯はアンティークショップで売られているような、派手な大柄の物でも、着物が色無地ですので、うるさくなりすぎずにコーディネートできます。帯あげや帯締めは、帯のインパクトが強ければ同系色で合わせるとすっきりまとまります。逆に帯もシンプルにして、この帯あげに柄や色を持ってくることもできます。半襟はまじめな白ではなく、色つき、柄つきを合わせることも可能です。同じく足袋も白以外のカラーでコーディネートすれば、いっきにポップな着物スタイルができあがります。メガネや大ぶりの指輪を可愛く合わせてみたり、洋装のバッグをもったり、色無地着物をワンピースのような感覚で楽しんでみましょう。

大切な日だからこそ、1番キレイなあなたで迎えられるように、素敵な着物があなたの魅力をより輝かせます。 呉服屋の着物レンタル365のターゲット層は、老若男女問わず着物の好きな方、また晴れの日を着物で過ごしたいという方です。 7種類の着物の種類と豊富なサイズ、往復送料無料で、季節感を大切にしたお客様に似合うお着物をお送りしている会社です。 色無地も着物レンタル365ならデザインが豊富